入れ歯

当院の入れ歯治療

福岡市城南区の別府たかやま歯科医院は、入れ歯・義歯治療に力を入れております。院内では緻密な検査を行っており、患者さんにピッタリと合う、違和感の少ないしっかりと噛める入れ歯をお作りしております。

このようなお悩みは、「我慢して慣れるまで待つ」と耐えられる方も多いですが、本来、そのような必要はありません。それぞれのお悩みにはしっかりと理由がありますので、小さなことからお気軽にご相談ください。

 

入れ歯が合わないとお悩みの方は、今使われている入れ歯をご持参ください。

現在の入れ歯を調べて、どうして合わないのか、どうして痛いのかの原因を見つけ、患者様に適した入れ歯に調整することも可能です。

このようなお悩みありませんか

  • はめると痛い、食べ物を食べると痛い
  • 入れ歯装着時に違和感がある、喋ると入れ歯がすぐに外れてしまう
  • 食べ物が上手に噛めない
  • 入れ歯が目立ってしまう

 

上記のようなお悩みがありましたら、是非一度当院にご相談ください!

 

別府たかやま歯科では、目立ちにくく食べ物を噛みやすい入れ歯「ノンクラスプデンチャー」を患者さんに提供しております。

ノンクラスプデンチャーとは金属のバネがない入れ歯で残っている歯への負担を減らすこともできます。もちろんこちら以外にも様々な種類の入れ歯も扱っております。患者さんの状態、希望に合わせた入れ歯を提供できるよう院長、スタッフが協力して治療に臨んでいます。

 

当院の入れ歯治療の種類

・ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

部分入れ歯では、入れ歯を固定するため、金属のバネ(クラスプ)を留め具として用いています。

ノンクラスプデンチャー」とは、この金属のバネ(クラスプ)がない部分入れ歯のことです。

 

ノンクラスプデンチャーでは、代わりにプラスチック製の「床」によって固定します。このため口を開けても金属の留め具が見えず、見た目も自然なので違和感がありません。また、金属を使用していないので、金属アレルギーの方でもお選びいただけます。

※プラスチック部分を歯のでっぱりの部分にひっかけて安定させています。このため、歯のでっぱりが少ない患者さんの場合にはご利用いただけないケースもあります。

 

・金属床

通常の入れ歯と比較し3分の1程度の薄さで作ることができます。また、温度が伝わりやすいメリットがあります。

冷たいものは冷たく、温かいものは温かく食べることができるため、味覚にも良く影響します

 

・インプラントオーバーデンチャー

 

オーバーデンチャーと呼ばれることもある入れ歯です。インプラントを埋入し固定源を作った上で入れ歯をはめて使います。

総入れ歯は使いたくない、入れ歯に安定感を求めている という患者様には適しているのではないでしょうか

 

当院院長は、大学病院、学会で入れ歯の技術を学んできました。学んできた技術を患者様にに提供してストレスなく生活をしていただきたいと思っています。自由診療から保険の入れ歯にも対応しておりますので、少しでも違和感のある方や入れ歯でお困りの方はお気軽にご相談ください!

入れ歯の相談・予約はこちらから

 

top

0928347322

ウェブ予約